FC2ブログ

素敵なブログ


RAWWORKS「素敵じゃないか」(演劇)公式ブログです。

プロフィール

sutekijp

Author:sutekijp


●RAWWORKS「素敵じゃないか」●
          
 2019年
 3月2日(土)19:00
 3月3日(日)11:00/14:00

 アルカスSASEBOにて

 http://rawworks.info/
 http://rawworks.wix.com/suteki

最新コメント

最新トラックバック

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

「素敵じゃないか」佐世保公演終了。ありがとうございました。

「素敵じゃないか」5年ぶりの再演
アルカスSASEBO提携公演が無事に終了しました。
ご挨拶が遅くなりましたが改めまして、関わってくださった皆さん、アルカスまで観に来てくださった皆さん、心を寄せてくださった皆さん、本当にありがとうございました。

個人的なことを書きますと
はじめての出産を経て、しかもたった1年ほどでこの作品の再演に向かう、立ち向かう、向き合う難しさがあり、初日があけるまで不安にも似た緊張感がとんでもなく、子連れで稽古&公演に向かいながら少々情緒不安定になったりもしながら、それでも元来のアクティブ?ポジティブさが勝ったのか前のめりに本番になだれこみました。

初めてこの作品の舞台に立った時に「ライフワークにしたい」と心から願ったこの作品を、実際にこうして、また同じメンバーで再演を重ねさせていただけた幸運、幸福たるや。

そうして、またもう一度観たいですと佐世保までたくさんの方が観に来てくださり、「前に観たときは~、今回は~~」なんて時の流れや私自身の変化を客観的に教えていただくような感想をたくさんたくさん聞かせていただいたり、佐世保ではじめましてのお客様から「またアルカスに来てください」となんとも嬉しいお声をかけていただいたり、際どい賭け?チャレンジでもあった未就学児入場OKのこどもウェルカム公演回で家族で客席に並ぶ光景、開場中に聞こえてくる幼い話し声に細胞がぶわんとなったり、かけがえのない時間となりました。

そして何より、毎回この作品はお客様ご自身の経験や想いを重ねながら感想を書いてくださるアンケートがとても多く、改めて気づかされることがたくさんで、ご褒美をいただいた気持ちになるのです。

とりとめもなく書いてしまいました。
関係者への感謝は個別にお伝えするとして、川内も書いておりますが、この先この「素敵じゃないか」という作品に若い俳優さんが取り組んでくれたら嬉しいなと願います。
あ、でも、まだ、3年…5年くらいは私もやりたいです(笑) またあのふたりを演じられる日が来ますように。

その日まで、また丁寧に愉快に日々を重ねたいと思います。
ありがとうございました。





カテゴリー:酒瀬川 | タグ:
|コメント(-) |トラックバック(-) | 2019年03月05日 (火)23時01分

アルカスSASEBO「素敵じゃないか」終演しました。

遅くなりましたが、アルカスSASEBO提携公演
「素敵じゃないか」終演しました。

5年ぶりの再演。
初のアウェイでの上演。
それぞれに5年で環境が変わった中での上演。
5年間山下昌文さん(舞台装置の設計デザイン)の倉庫に眠っていた装置は、朽ち果てているんじゃないかとかの不安…
などなど色々な不安がありましたが、大きな問題もなく、何とか無事に終えることが出来ました。

「素敵じゃないか」は、僕がRAWWORKSとして主催公演を初めた10年前の芝居です。

『10周年よね?』
『あぁ、そう』
って台詞がありましたが、アッサリした10周年公演でした。

「素敵じゃないか」は、元々僕と篠崎雅さん出演で、劇作家:たじま裕一さんが書いていただいた芝居で、2012年の再演で共演者に新たに酒瀬川真世さん、演出に池田美樹さんを迎えました。

子どもを授かる、ということが本作の大きなテーマでしたが、この10年でそれは10年前よりもリアルさを増して、そしてこれからも、人が生きていく限り続くことだと思います。

今回稽古中に話していたことですが、出演者として僕がこの芝居に関われるのは、せいぜい後5年くらい?
(虎やんを演じるリアリティとして)
また再演出来る機会が来ることを願うと同時に、

いま20代とか30代でバリバリに芝居をやっている人たちが、そしてこれから役者を志す方々が、「素敵じゃないか」を上演し続けてくれることを願っています。(上演したい!と思った方は、ぜひ作者:たじま裕一さんに連絡してみて下さい)

上演にあたってお世話になった方々、
この芝居の再演を持ちかけてくれたアルカスSASEBOの畠本さん(この方が居なければ今回の再演はなかったでしょう)、
佐世保まで駆けつけてくれた、作者の、たじまさん、
同じく佐世保まで駆けつけてくれた2012年の再演を実現させた制作者:久原さん、
再演という演出にとってデリケートなことを引き受けてくれた美樹さん、
5年ぶりだというのに、集まってくれた音響:寺師さん・照明:坂本さん・制作:寺井さん・古殿さん、
舞台装置をちゃんと保管してくれていた山下さん(山下さんはお忙しい中で装置の組み立て練習にもお付き合いいただきました)、
山下さんの難解なセットを組み立ててくれた南無サンダーの安部さん・小畑さん、
前回のチラシ、パンフレットをリデザインしてくれたデザイナー:阿比留さん、
息子の子守から制作まで様々に動いてくれた森國さん、
熱心に取材をしていただいた、佐世保で一番の発行部数を誇るライフ佐世保の編集長:末永さん、
九州の演劇事情をモーラする「mola!」にて特集を組んでいただいた北村さん、
チラシの紹介文を書いていただいたことから始まり、沢山の方に呼びかけていただいた劇団HIT!STAGEの森さん…

などなど…本当に様々な方にお世話になりました。感謝の言葉が、ありがとうでは全然足りませんが、本当にありがとうございました。

またいつか皆さまの前に「素敵じゃないか」が立ち上がるその時を楽しみにしています。

最後に劇中の台詞で、いつか実生活で言ってみたい言葉NO.1の呼び声も高い台詞で締めたいと思います。

『文句ならテキーラに言ってくれっ!』

↑こんな台詞かけねー

川内清通














カテゴリー:川内 | タグ:
|コメント(-) |トラックバック(-) | 2019年03月05日 (火)22時03分

公演情報



アルカスSASEBO提携公演
「素敵じゃないか」


■作:たじま裕一(長崎ドラマリーディングの会)

■演出:池田美樹(劇団きらら)

■出演:酒瀬川真世(che carino! / che carina!)・川内清通(RAWWORKS)


■スタッフ:
装置デザイン:山下昌文(ACN)
道具:安部将吾・小畑佳子(南無サンダー)
照明:坂本龍彦(劇団「市民舞台」)
音響:寺師裕(劇団きらら)
デザイン:阿比留由貴
振付:SAYHA(スタジオデイズ)
制作協力:寺井よしみ(RainyLife)・古殿万利子(劇団きらら)・森國まほ


■日程:
3月2日(土) 19時
3月3日(日) 11時【☆】・14時開演

・開場は開演の30分前
・本作品は演出の都合上途中入場は出来ません。お早めのご来場をお願い致します。
【☆】こどもウエルカム公演(未就学児入場OK)


■会場:アルカスSASEBO 第1リハーサル室
(長崎県佐世保市三浦町2-3)

■チケット料金:全席自由・日時指定
一般前売2,000円 学生前売1,000円(当日券は500円アップ)

■チケット予約(コリッチチケット)
https://ticket.corich.jp/apply/97160/


■問合せ:
劇団RAWWORKS TEL:080-4286-4017(制作直通) Email:mail@rawworks.info/


■プロモーション映像
https://youtu.be/nyDuc7a8iAY






カテゴリー:公演情報 | タグ:
|コメント(-) |トラックバック(-) | 2019年03月03日 (日)15時00分

仕込み日記3/1@佐世保

[ミキニッキ]演劇→
RAWWORKS「素敵じゃないか」
仕込み日記3/1(金)→

いよいよ会場アルカスSASEBO入り!
「モンゴルのゲルのよう」と言われた
懐かしい装置が立ち上がりました。

明日2(土)19時・3(日)11時+14時
2人で4役・めくるめく命のコメディ、
是非!




カテゴリー:池田 | タグ:
|コメント(-) |トラックバック(-) | 2019年03月02日 (土)00時09分

アルカス佐世保、道案内

「素敵じゃないか」佐世保公演
アルカスSASEBO会場入り!



■電車でご来場の場合
JR佐世保駅「東口」を出て左手に

「えきマチ1丁目」というショッピングビルがあって、その建物沿いに左手の方に進むと


「九州ろうきん」があり、さらにその奥?うら?に、アルカスSASEBOがあります。
佐世保駅から徒歩2~3分で着きます♪

道々に案内ボードもあります。

そして、「素敵じゃないか」公演会場の第1リハーサル室は、地下1階です。



その他の交通機関アクセスなど詳細は
公式ページをご覧ください
http://www.arkas.or.jp/?article=access


ご来場、お待ちしてます!



カテゴリー:酒瀬川 | タグ:
|コメント(-) |トラックバック(-) | 2019年03月01日 (金)13時55分